本文へスキップ

日本圧研スエーヂ工業有限会社は,非鉄・特殊金属箔の受注生産及び金属バット製造・多種パイプ加工等の専門企業です。

TEL. 047-438-3131

〒273-0853 千葉県船橋市金杉3丁目19番7号

     ごあいさつ

会社方針

■お客様に心から満足して頂ける製品及びサービスに徹する。
■会社の未来永劫と繁栄、並びに社員の安全と幸福及び納税を
 通じて社会貢献する。
■技術と信頼を持って、お客様のご要望にお応えする。


President and CEO greeting.

CEO

■■■ご挨拶■■■

弊社は、1962年(昭和37年)創業以来、金属箔の製造、丸棒並びにパイプのテーパー加工であるスエージング、及び金属バットの製造の三本柱でお客様の多種多様なご要望にお応えし、高い評価を頂いております。

金属箔(メタル フォイル)では、抵抗材並びにニッケル合金を主に、特徴があり高品質な製品をユーザー様に提供しております。


また、スエージ加工に於いては、まさにパイオニア的存在であると自負しており、様々なお客様の厳しい要求にもお答えしております。そして、その技術から生まれた金属バットも高い評価を受けております。

時代は大きな転換期を迎えておりますが、いつの時代に於いても、「技術と信頼をもってお客様のご要望に答える」をモットーにこれからも社業を通じて社会貢献してまいります。今後とも弊社を御贔屓に
、何卒宜しくお願い申し上げます。


会社沿革

1962年(S37)10月
圧延技術研究所として発足 エレクトロニクス、精密機器工業は、化学文明をますます推進させ、更に資源の有限が叫ばれ、あらゆる分野での省資源が追及されました。最終的には基礎材料の高精密化、小型化などによるものであり、少ない材料を有効活用することにあります。このような社会背景の中で精密圧延の需要が高まってきた。
1963年(S38)10月
有限会社 圧延技術研究所と改める 精密二十段圧延機を導入。精密金属箔の圧延技術及び関連技術の未知の分野を開拓して、精密金属箔の生産販売及び委託加工に応じた。その後、着実な成長を実現出来た。
1968年(S43)10月
日本圧研スエーヂ工業有限会社に商号変更 新たにスエージ加工部門を設け、各種金属箔圧延加工と丸鋼及びパイプのスエージ加工も行い、従来切削加工等で完成化されていたものを、少ない材料を有効活用する省資源に貢献すように努力した。
1970年(S45)10月
スエージ加工の応用により、現在市場で販売されている金属バットの原型を誕生させると共に、弊社独自の開発・発案による特許を数々取得した。野球の歴史における常識を根本より覆す画期的商品を全日本軟式野球連盟、日本ソフトボール協会の検定・公認の許可を受け、次々と市場に送り込み、各方面より高い評価を得ております。
2000年(H12)12月
西塚隆紀 社長兼CEOに就任
2013年(H25)02月
ISO9001品質マネジメントシステム認証取得 MSA-QS-3979 (金属箔の製造)
2016年(H28)03月
ISO14001環境マネジメントシステム認証取得 MSA-ES-1452 (全社適用)